<   2010年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 参院予算委員会は5日午前、鳩山由紀夫首相と関係閣僚が出席して平成22年度予算案に関する一般質疑を行った。菅直人副総理・財務相は予算案について「従来の予算が公共事業に依存して景気対策にあたっていたのを『国民生活が第一』の理念で大きく組み替えた」と述べ、自公政権時代の予算との違いを強調した。

 民主党の大島九州男氏の質問への答弁。この後、自民党の佐藤正久氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を中心に首相の見解をただす。自民党の衛藤晟一氏は北海道教職員組合(北教組)幹部による政治資金規正法違反事件など「政治とカネ」の問題を追及する。

【関連記事】
公共事業の入札、技術評価を企業に通知 透明性向上で国交相
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
予算案衆院通過 利益誘導政治を憂慮する
「切れ目ない景気対策」…浮揚効果は? 来年度予算の年度内成立が確定
余裕ない地方財政 21年度の経常収支比率は92・8%

勤務環境の改善は「今後も相談」―日産婦学会・海野氏(医療介護CBニュース)
夫婦別姓導入に全力=法相ら(時事通信)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
津波警報、首都圏JRも運転見合わせ(読売新聞)
囲碁 張が棋聖位獲得でグランドスラム(産経新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-03-07 08:12
 天皇陛下は26日、東京都世田谷区の世田谷美術館で開催している建築家、内井昭蔵の回顧展「『内井昭蔵の思想と建築』展−自然の秩序を建築に−」を鑑賞した。内井昭蔵は日本建築学会賞などを受賞し、天皇、皇后両陛下のお住まいである皇居・御所を設計したことでも知られる。02年に亡くなった。

 当初は皇后さまも同行する予定だったが、数日前からせきがあり、この日は熱もあったことから取りやめた。宮内庁によると風邪のようだという。

<自民党>中川秀直元幹事長が勉強会 郵政改革法案阻止で(毎日新聞)
JR運休、20万人影響 尼崎で信号機トラブル(産経新聞)
全面禁煙、飲食店・官公庁などで…厚労省通知(読売新聞)
自民が審議復帰=議長不信任案など否決−衆院(時事通信)
<普天間問題>沖縄県議会の県内移設反対決議 社民党に勢い(毎日新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-03-05 19:49
 南米チリ沖で発生した大地震で、気象庁は28日午後9時45分から記者会見を開き、同日中にも各地の津波警報をすべて解除するか、注意報に切り替えるとの見通しを示した。

 会見した関田康雄・地震津波監視課長は「避難も長時間になっており、警報についてはなるべく今夜中に解除したい。東日本についてはピークは過ぎた」と述べた。

 ただ、注意報の全面的な解除は3月1日以降になる見込み。

夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
鍼灸養成施設
地方選善戦も自民隠し 「風」生かせぬ執行部(産経新聞)
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」(産経新聞)
<厚労省>公共的空間での喫煙 「原則禁止」を通知(毎日新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-03-04 00:23
 27日午前5時31分ごろ、沖縄本島近海を震源とする地震があり、沖縄県糸満市で震度5弱を観測した。今回の震源がある沖縄諸島の東側付近は、ユーラシアプレートの下にフィリピン海プレートが沈み込む境界があり、地震の発生自体は少なくない地域だ。しかし、今回と同程度の規模の地震は1923年(M6.8)以来、沖縄本島で震度5以上は1911年(M8.0)以来と、これまで大きな地震は少なかった。

 広島大などの研究チームは昨年、境界深部に軟らかい蛇紋岩が存在することでひずみが蓄積しにくく、プレート境界型の巨大地震の発生を抑制している可能性があるとの論文を英科学誌ネイチャーに発表した。また、東京大地震研究所の大木聖子助教(地震学)は「(広い海域の中で)観測点が沖縄諸島の狭い地域に限られるため、たまたま震度5以上が観測されなかったのかもしれない」と話している。【石塚孝志】

【関連ニュース】
地震:沖縄で震度5弱=午前5時31分 10センチの津波
地震:沖縄で震度5弱 津波警報発令
地震:東京・八王子で震度3=午前8時35分
地震:福島、茨城などで震度3=午後6時53分
地震:山口県で震度4=午前11時50分ごろ

<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)
145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)
フェリドーン・ツァンディ
<皇太子さま>皇室は時代時代で変化 50歳会見(2)(毎日新聞)
【書評】『たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く』(産経新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-03-02 17:08
 石川県白山市の秋祭り会場に乗用車で突入してカマで無差別に切りつけ、1人をはねて殺害、6人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われた住所不定、無職、新井敏明被告(44)に対する初公判が22日、金沢地裁(神坂尚裁判長)であった。新井被告は「殺意はない」と起訴内容の一部を否認した。弁護人は傷害致死罪の適用などを主張した。

 金沢地検は逮捕後間もなく鑑定留置を簡裁に請求し「完全責任能力がある」との精神鑑定結果が出たため、09年1月に起訴した。

 公判前整理手続きで、争点は殺意と責任能力の有無に絞られた。弁護人は「動機にあいまいな点が多い」として新たな精神鑑定を申請し認められており、今後、実施される。

 起訴状によると、新井被告は祭りの関係者から悪口を言われたと思い込んで、08年9月13日夜、同市鶴来桑島町の秋祭り会場に車で突っ込み、カマで切りつけ、祭りに参加していた近くの建設業手伝い、岡田陽平さん(当時30歳)をはねて殺害したり、他の祭り関係者にけがをさせた、とされる。

【関連ニュース】
白山の秋祭り殺傷:争点は殺意と責任能力 22日に初公判 /石川
石川・白山の秋祭り殺傷:被告が殺意否定−−金沢地裁初公判

押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
産廃の不法投棄 罰金最高3億円 環境省改正案(産経新聞)
いしいひさいちさん回復、新聞四コマ再開へ(読売新聞)
競泳「銅」の源純夏氏、参院選自民から出馬へ(読売新聞)
<陸山会事件>小沢幹事長、07年分の告発も不起訴に(毎日新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-03-01 12:46