内閣不信任案、28日以降に判断=自民・大島氏(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は24日午前、鳩山内閣に対する不信任決議案を提出するかどうかについて、党本部で記者団に「(普天間飛行場移設問題で)28日に閣議をやるやに聞いている。どうするのか見て、さまざまなことを考えていきたい」と述べ、政府が28日にも発表する普天間移設の対処方針を見極めた上で判断する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

裁判所コピー50円「高すぎる」…見直し判定(読売新聞)
発電所トンネル、発破後の落石で作業員死亡(読売新聞)
阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)
「威嚇航行する艦隊の野望」 もはや東シナ海は安全ではない(産経新聞)
<裁判員裁判>強盗米兵「行動力アピール」が動機 那覇地裁(毎日新聞)
[PR]
by 8wqidkrgb4 | 2010-05-29 04:56